ホーム > キャンパスライフ > FORM PRESENTATION 「GOUSENの進化~ “極上な日常着”」

FORM PRESENTATION
「GOUSENの進化~ “極上な日常着”」

繊維産地と学生のコラボレーション

“FORM PRESENTATION”は、世界に誇る繊維産地の技術を学生が学び、テキスタイルとフォルムの新しいアイデアを産学協同でカタチにする事業。JFWジャパンクリエーションの会場で展示発表します。9回目となる今回、審査を通ったのは12校47グループ中8グループ。CFCからは「F」が選ばれ、豪華な刺繍を施したカラフルな作品を提案しました。素材提供は、日本を代表する東レ株式会社。「70年代」からインスパイアされた、エレガントで上質な“フレンチラグジュアリー”の世界が競われました。

参加者 伊藤 まりあ(スペシャリスト学科アパレルデザインコース/三重県立四日市農芸高校卒業)、間塚 有香(スペシャリスト学科アパレルデザインコース/岐阜県立大垣桜高校卒業)、木原 圭亮(スペシャリスト学科アパレルデザインコース/杜若高校卒業)、浅井 美貴子(ファッション産業学科3年ファッションビジネスマネジメントコース/古知野高校卒業)
参加者コメント 産学コラボ「GOUSEN大学」
東レの最新合成繊維を使用し、“パリの極上な日常着”をテーマに、作品を作り上げました。プロもなかなか入ることができないという東レ瀬田工場を事前に見学。半年以上かけて製作した作品を国内最大の素材展の会場で発表して、アパレル業界の方々からリアルな意見を伺いました。とても貴重な体験ができたと思います。チームワークが試される作業ですが、最後までやりきった達成感を仲間と分かち合う喜びは格別です。
  • アクセス
  • 入試・学費
  • オープンキャンパス
  • スタイルギャラリー
  • ファッションコンテスト入賞作品紹介
  • CFC Design Lab Student Works
  • banner
  • FACEBOOK
  • 資料請求

ページトップへ

Copyright (C) Chubu Fashion College All rights reserved.